薬膳レクチャー 

『薬膳ってなあに?-どうしてなるの5月病』

ノカンゾウ(金針菜、忘憂草、ワスレグサ)(C)Photo Library

薬膳ドリンク(参考画像)

4月が慌ただしく過ぎ5月の連休が終わる頃、何となく重たい気分になる5月病。新入学の大学生や社会人1年生に多いとされてきましたが、近頃は熟年世代にも広がり、社会的にも問題視され、その期間も6月までに及ぶ「新5月病」と言われるまでになっています。眠れない、心が安定しない、もの悲しい、うつっぽいなどの「病気未満」の症状を感じていらっしゃる方、前もっての準備が大切です。寝つきを助けるお飲み物と、「除煩」の効能を持つ食材を用いたデザートのレシピをご紹介しながら、暮らしと食のヒントについて中医学と薬膳の角度から学びます。使用する食薬と食材は、主に日本産・台湾産の無農薬、または台湾国家農薬残留試験を通過した物です。皆さまのお越しをお待ちしております。

日時:① 5月12日(日) 10:30~12:15(受付10:15~)満員御礼
   ② 5月25日(土) 14:15~16:00(受付14:00~)満員御礼
   ※1回完結です。どちらか1日お申し込みください。
会場:美術待合室(中野医院内〒158-0086 世田谷区尾山台3-7-13)

●講師:中野 秀子(中医薬膳営養師)
●参加費:2500円(薬膳ドリンク+薬膳デザート2種+レシピ、カフェインフリー紅景天茶付)
●参加対象:18歳以上
●定員:各日7名
★お申込み方法★イベント名=「5月薬膳レクチャー」・ご希望の日にち・ご住所・氏名・年齢・お電話番号を、美術待合室のメールartwaitingroom@gmail.comまでお知らせ下さい。不明な点は090-6160-8151(美術待合室・中野)までお問い合わせ下さい。

~美術待合室における「薬膳レクチャー」について~

​薬膳レクチャーは当院の患者さんだけでなく、まだ病気にかかっていない「未病」の方に向けて広く行っています。良好な心身を保つための、食と暮らしのアイデアを提供します。

©2019 Copyright Nakano Iin & Art Waiting Room All rights reserved.